■増田みのり collaborative pianist


 11月27日生まれ。東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。在学中継続して特待生奨学金を受ける。ニューヨークのマネス音楽院修士課程修了。明治安田クオリティオブライフ文化財団音楽学生奨学生。

 ニューヨーク・インターナショナル・キーボード・フェスティバル、ベル・エポック・フェスティバル(ニューヨーク)、セルゲイ・ババヤン・インターナショナル・ピアノフェスティヴァル(マイアミ)、ヨーロピアン・ミュージック・フェスティバル(ソフィア)、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(東京)、スタインウェイ・ホール(ニューヨーク)、表参道ヒルズ・スパイラルライヴや六本木ヒルズ、豪華客船ぱしふぃっくびいなす、客船ふじ丸、にっぽん丸などで演奏。ニューヨーク、ソフィア、プロウディブ、東京、茨城、福島、埼玉、栃木にてソロリサイタル開催、ニューヨーク、東京、茨城、埼玉にてデュオリサイタル開催。ブルガリアにてClassic FMに生出演、ソフィア市でのリサイタルが放送され、国営テレビではプロウディヴ市・バラバノフハウスでのソロリサイタルの模様が中継された。全日本学生音楽コンクール中学校の部第3位、日本音楽教育連盟オーディション、PTNAピアノコンペティション入賞。

 これまでに、松崎伶子、播本枝未子、倉沢仁子、セルゲイ・ババヤン、トーマス・サウアーの各氏、室内楽をトッド・フィリップス(オライオン弦楽四重奏団)、チン・キムの各氏、チェンバロをアルター・ハース氏に師事。


 現在は室内楽・伴奏ピアニストとして活動する傍ら、ソロ活動では、ベートーヴェン・ピアノ協奏曲・全5曲、モーツアルト・ピアノ協奏曲第20番、リスト・ピアノ協奏曲第1番、ラヴェル・ピアノ協奏曲ト長調、ガーシュイン・ラプソディ・イン・ブルーをオーケストラと競演。2007年〜2011年まで丸ビル35コンサート、新丸ビルアトリウムコンサートの日曜レギュラーとして定期的に出演。丸の内ガラコンサートなどをはじめとする丸の内エリアの様々なイベントに出演した。2011年より長野県昼神温泉「湯元ホテル阿智川」、昼神の棲「玄竹」コンサートシリーズに定期的に出演。2016年より音楽活動支援団体NPO法人おたまじゃくしクラブ理事、東京都足立区内の音楽イベントをプロデュースしている。これまでに客船演奏トリオのアンサンブル・リリアンとしてミニアルバムLilian~the sea、ソロアルバムAPPASSIONATAをリリース。


使用楽器: Steinway & Sons Hamburg A #421162

..............................................................................................♪sound files