Profile
11/23/2005 「ネコのような女」
具合の悪い日が続くと「このまま死ぬんじゃないか?」と思い込む悪い癖がある。
それは旅先で陥る、「このまま帰らないんじゃないか?」という感覚と似ている。
なんでもセルフサービスが基本、という家庭で育ったせいか、病気をしても「自己責任の範囲」ということで誰も助けてくれない家庭はラクといえばラクだと思うようになってきてしまった。海外生活で入院沙汰を起こし、ルームメイトが至れり尽くせり身の周りの世話をしてくれて、初めてこういう家族愛の形態を知ったほどである。
勿論、家族ではないけれど、家族同然の付き合いだった。
ネコのような女が犬に憧れた瞬間だった。

ここ数日、寝込むほどの大風邪を引いていて、それでも忙しいので毎日演奏に駆り出されている。仕事先でもボーっと演奏しているらしく、人々に多大な迷惑をかけている。また、そういう時に限って意地悪なオバちゃん担当者と当たり、悉く文句を浴びせられる。私生活が安定していないから仕事場でも人に優しくできないのだな、と諦めてはいるが、やはり気分が悪い。他人にあたるなんて人として最低だ。更に病状が悪化している気がする。

こんな体調のまま来週から演奏旅行に出発してしまう。
コンサートを終えたら、多少無謀かと思われる欧州鉄道の旅が待っている。
根拠の無い予感だが、今度の旅で良いことか悪いことかまでは判らないが、何かが変わったことが起きるような気がしてならない。

旅先でも日記更新はできる限り続けたいと思います。



11/15/2005 「秋から冬へ」
月曜休みが定着してきたので日曜夜は自由に出歩けるようになりました。先日は大所帯で韓国街の梁の家で色々食べたあと別の友人と落ち合って白金へ。業界人、芸能人で賑わうビータスで女ふたり、夜更けまで過ごす。店を出て家の近所まで戻り、ライトアップされた紅葉を見上げながら、冷え込みのひどい明け方までひたすら歩く。この季節が好き。今週は余裕があるので紅葉狩りに行きたいものです。

11月23日から25日の3日間、千葉県柏市のフランス料理店「エトワル」のディナータイムに登場します(演奏は19時過ぎ頃からの予定)。グルメの秋、芸術の秋、名曲の数々をお届けします。ご予約は04-7107-3611までどうぞ。

■11月23日(祝)
共演:法常奈緒子(ヴァイオリン)

■11月24日(木)
共演:河村泉(ヴィオラ)

■11月25日(金)
共演:斉藤寿子(ヴァイオリン)




@moon nymph

久々にMoon Nymphへ行ったらオーナーの姪っ子が来日中でした。「禁じられた遊び」に出てきそうなメガンヌちゃん。可愛い。この場所は本当に落ち着きます。



11/7/2005 「皇帝終了」

演奏会後集中的にアクセス数が増えましたが、公演後のフォローに時間がかかり、直ぐに日記を更新できませんでした。もともとプライヴェートな日記はmixiで制限をかけて公開しており(mixiもだいぶメジャーになってきましたね)そちらのほうが活発になっている為にHPの更新頻度が落ちてるわけでもありますが。読者と交流の無い関係は不気味だしね。

去る11月3日文化の日、晴天!「皇帝」を弾いて参りました。聴きにいらしてくださった約500人もの皆様!ありがとうございました。感無量です。色々ありましたがベストな演奏ができたと思います。

これまで数々の舞台経験を積みましたが、共演者達がこんなにピリピリしていた演奏会は初めて。練習時は弾きながらオケを睨みつけてしまうことしばしば、コンマスに当たったり指揮者と最後まで合わなかったり、問題は最後まで山積みでした。当日のGPを終えて絶望感に浸っていたのは言うまでもなく。それでもいざ舞台に上がってしまったら心地よい緊張感に身が引き締まる思い。歩み寄るしかない部分もあり、あまり羽目をはずさないように弾こうと決意してお互いにアンサンブルをしようとする気持ちだけで乗り切ったことが成功の秘訣だったのかも。

とか言いつつ、私も色々な事故を起こしました。2楽章の面白いラスト・・・ステマネが座布団持ってくるかと思いました(笑)。冒頭も固くて冷や冷やものでしたが、終楽章は掛け合いなので好き勝手弾かせてもらうことに成功。アンケートの結果、協奏曲が一巡してもまた「皇帝」に戻ってくるらしいとのこと。思い新たに来年の12月10日のピアノ協奏曲4番に向けて頑張りたいと思います。

オケ関係者様、ヘルプのプロ奏者の皆さん、裏方さん、そして聴きに来てくださった皆さんにこの場を借りて再度お礼を言いたいと思います。ありがとうございました。

「皇帝」も終わり、一息つきたいところなのですが、11月はアニバーサリーシーズンで演奏三昧。誕生日も知らない誰かの為にピアノを弾きます。そのほかでも新しい共演者と絡む機会も多くなってます。そして今月はボジョレー解禁をはじめとするワイン月間。数々のパーティーがあります。先日飲んだスペインのYECLAがあまりにも大ヒットで、今後当たりモノに出会えるかがちょっと心配。シャンパンのベル・エポック1996も、今年の暮れが飲み収めらしいです。

そして、誕生日の翌日から渡欧。ブルガリア各都市でのリサイタルツアーのあと長期休暇をとりギリシャ、トルコへロードトリップを、その後ポーランドとドイツを周って12月中旬に帰国、再び年末のパーティーラッシュのあと、カウントダウンライヴ(新宿)に出演?との噂。決まり次第発表していきますのでお楽しみに!










ベートーヴェンチクルス第1回@晴海トリトンスクエアより
                                              →2005年10月